ホイールのリム径とリム幅とは? - S.T.M

リム径とリム幅についての解説。

■ホイールスペック
◆リム径、リム幅とは?

リム径、リム幅とは、ホイールのタイヤをはめ込む部分の直径と幅をいいます。それぞれインチ単位で表し、ホイールのリム径とタイヤのサイズが一致しないと使用することは出来ません。リム幅については、タイヤサイズ毎に許容の範囲が設定されていますので、その範囲内のリム幅のホイールであれば使用することが出来ます。

◆ホイールのリム幅とリムフランジ形状

ホイールのリム幅は、「4.00B」や「7J」と表示され、どちらも単位は、インチで表示されていますが、数値の直後のアルファベットは、リムフランジの形状の違いを表しています。使用される記号は、B、J、JJなどが自動車では一般的に使われていて、記号によってフランジの厚みや高さが異なります。Bの場合でフランジの厚みが14mm高さが10mm。Jの場合で厚み17.5mm高さ13mm。JJの場合は、厚みが18mm、高さが13mmとなっています。

◆リム幅とタイヤ幅の関係

タイヤの幅に対してホイールのリム幅は、適用可能な幅が指定されていて、その範囲内であれば、何種類かのリム幅のホイールが使用可能です。但し、リム幅によって装着するタイヤの総幅に差異が生じます。一般的に、タイヤメーカーが推奨するそのタイヤの標準リム幅よりも0.5インチ広いリム幅のホイールを使用した場合、扁平率50%以上のタイヤで、総幅が約5mm、広くなり、扁平率45%以下のタイヤで総幅が約6mm広くなります。


ホイールスペック

ご利用上の注意
問い合わせ

Copyright (C) 2017
Spec Tank.
All Rights Reserved.